シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4/6 病理学を細分化すると…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病理学を細分化すると…

実験病理学
動物や臓器細胞を培養してヒトの疾病を再現し、病因・発生機序の解明、治療法の開発をする。


分子病理学
疾病を分子レベルで解析する。

  • STAP細胞
  • iPS細胞

人体病理学…これから先講義する病理学です。
細胞診、生検、凍結迅速診断、病理解剖などを行い、臨床と密接な関係です。


  • 細胞診:患者から得られた細胞が悪性か悪性でないかを診断する。1日で結果が出る。
  • 生検 :手術前の最終診断。切除生検・穿刺生検・パンチ生検など。2日~1週間。
  • 凍結迅速生検:手術中に病巣を採取して液体窒素で凍結、10分~15分で悪性かを診断。

ブログランキングで張り切ってます。 応援ポチしてね

ブログ村でも張り切ってます。 こっちもポチお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る