シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

温度覚ー表在性感覚検査ー感覚検査法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

温度覚

温度覚の検査では、二本の試験管に温湯(40℃~45℃)と冷水(5℃~10℃)を入れ、3秒ずつ皮膚に当て検査する。

触覚の程度により
  • 温度覚鈍麻
  • 温度覚脱失
  • 温度覚過敏

高齢者や末梢循環不全の患者は神経障害が無くても鈍麻になっていることがあるので注意。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る